学生がカードローンでキャッシングするための条件などを調べてみました。

MENU

学生でもアルバイトをしていないとお金を借りれない!

 

学生でも消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りることは可能ですが、いくつか注意点がありますので解説したいと思います。

 

まず学生と言っても未成年の場合ですとカードローンの契約自体無効となります。

 

 

「親が保証人になれば問題ないのでは?」と思うかもしれませんが、未成年は社会的に未熟です。

 

金融会社としては、十分な返済能力を有していない未成年にお金を貸してしまうと、返してもらえない可能性が高いので申込は受け付けていません。

 

学生ローンであれば緩めの審査で借りることは可能ですが、基本的には20歳以上でなければキャッシングは不可能です。

 

 

では20歳以上の大学生なら消費者金融や銀行系カードローンでキャッシング出来るのかというと、安定収入があるかが大きなポイントとなります。

 

上述したように返済能力がなければカードローン審査は通過は出来ませんので、アルバイトで収入を得ている必要があります。

 

 

あくまで安定収入であって、年収が多くなければいけないということではありません。

 

アルバイト等で収入を得ていない学生さんは基本的にサラ金等からお金を借りることは出来ません。

 

 

学生を卒業し、社会人になって安定した職についてからカードローンを利用するのが良いでしょう。

 

キャッシングの審査ではアルバイト先に在籍確認の電話が行われますが、個人名で電話しますので、バイト先の店長などにバレる可能性は低いです。

 

 

また、学生さんの中には親バレしたくない方も多いかと思います。

 

もし親に内緒でキャッシングしたい方は、大手消費者金融などの自動契約機や無人契約機で手続を済ませるとよいでしょう。

 

ローンカードや契約書もその場で発行ですので、契約書類などが郵送で家に送られてくる心配がありません。

 

 

ちなみに、最初に借りれる金額についてですが、学生の場合ですと、希望した通りの額を融資してもらえる可能性は低いです。

 

初めは少額からの借り入れになりますので、利用限度額の増枠は徐々に信頼を得てからになります。

 

 

ただ、アルバイトなどをしていない学生さんの中でどうしてもお金を借りたいという人は、クレジットカードのキャッシング枠を使う手もあります。

 

カードローンが利用出来ずクレカを持ちの方は、利用してみるとよいでしょう。

 

 

大学生にもなると、自分で学費を払ったり生計を立てる方も多いことかと思います。

 

在学途中から借りられる奨学金制度もありますが、簡単には利用出来ません。

 

キャッシングやカードローンはそのような場面や、いざという時に非常に役立ちます。

 

 

ただし、あくまでも借金ですので借金返済のことも考えて利用するようにしましょう。

 

計画的に利用すれば非常に便利な一枚となりますので、あなたのキャンパスライフに役立ててみてはいかがでしょうか?

 


↓ ↓ ↓ ↓