アルバイトの人でもキャッシングは大丈夫?

MENU

アルバイトの人でもキャッシングはできる?

 

アルバイトやフリーターでもカードローンでキャッシングすることは可能なのでしょうか?

 

ローンと聞くと正社員しか利用できないと思いがちです。

 

ですが最近はアルバイトやフリーターのように非正社員でも融資可能な消費者金融や銀行は増えています。

 

ではアルバイトやフリーターがカードローンでキャッシングするための条件はどのようなものなのでしょうか?

 

アルバイトやフリーターがキャッシングする上で重要となるのが安定した収入の有無です。

 

貸金業者は貸したお金が利息付きで返してくれれば良いので、非正社員であろうと貸付を行なっています。

 

そのための判断基準として重要視されるのが安定収入なのです。

 

毎月きちんと給料をもらており、月ごとに波がなければ特に問題ありません。

 

計画的に返済するためにも収入もある程度一定であることは絶対条件となります。

 

注意点としては働き始めたばかりですと審査通過は出来ないという点です。

 

安定した収入とは勤続年数も関わってきており、永く働いていればそれだけ辞める可能性が低く収入も定期的に入ると判断されるのです。

 

ですから最低でも6ヶ月以上は1つの職場で働いていないと審査通過は難しいと思ってください。

 

カードローンは銀行でも消費者金融でも取り扱っており、どちらにも申込みできます。

 

しかし銀行のほうが審査は厳し目ですので、審査通過に自信がない方は消費者金融のほうが良いかもしれませんね。

 

キャッシングは働いて安定した収入がある事が何よりも重要な条件となります。

 

ですから無職や生活保護受給者、ブラックリスト入りしているような方は申込不可となります。

 

働いていないのであればまずは職安などで職探しするほうが優先です。

 

収入がないのにお金を借りるのは大変危険ですよ。

 

限度額ですが、アルバイトやフリーターの場合は基本少なめに設定されます。

 

10万円から20万円が相場だと思っていただければ良いでしょう。

 

その後の利用状況によっては増額も可能ですが、総量規制の関係上年収の3分の1までしか借り入れできないということもお忘れなく。