モビットは風俗嬢でもお金を借りれるのでしょうか?

MENU

モビットは風俗嬢でもお金を借りれる?審査の基準や必要書類は?

 

CMでもお馴染みの消費者金融モビットは風俗嬢でもキャッシング可能です。
もちろん誰でも簡単にとはいきませんが、条件さえ満たしていればお金を借りることは可能です。
ここではモビットの審査を受ける際のポイントと注意点について解説していきたいと思います。

 

 

安定収入があることがモビット審査通過の大前提

 

モビットの審査を通過するには安定した収入があることが大前提となります。
これは消費者金融でも銀行系カードローンでも同様のことが言えます。
審査では借りたお金をちゃんと返せる返済能力があるかどうかを基準に融資判断を下します。
ですから収入がないことにはローンの審査を通ることは出来ません。

 

但し単に収入があれば良いというわけではなく、安定していなければいけません。
月ごとに収入が上下してしまうような方ですと収入は安定しているとは言えません。
毎月ほぼ一定金額を貰えていることが審査を通過する上で重要です。

 

収入と聞くと金額を気にされる方も多いのですが、重要なのは安定性です。
もちろん金額が大きい方が審査は有利になりますが、収入自体が安定していれば多くなくても問題ありません。

 

次に重要となるのが勤続年数です。
1つの職場にどれだけ働き続けているかどうかです。
とうぜん勤続年数が長いほうが評価は高くなりますので長ければ長いほど有利といえるでしょう。
とは言え、何十年も一つの職場で働いているという方は少ないでしょう。
勤続年数は1年以上あると良く、半年以上はギリギリなラインと思ってください。
きちんと風俗店勤務をしていれば良いのですが、風俗やソープ、デリヘルといった水商売には体験入店といった一時的なものもあります。
日雇いアルバイトのように仕事が安定していない状態ですと審査通過は難しくなります。

 

 

金融事故情報がある風俗嬢は審査通過は難しい

 

審査では信用情報も重要視されます。
信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことを言います。
この信用情報は指定信用情報機関にて管理保持されており、モビットなど正規の貸金業者はこれらの情報を閲覧することが出来ます。
返済を滞納したり強制解約、自己破産など債務整理を行なうと「事故情報」として処理され、その情報が記録されます。
事故情報は約5年ほど記録が残り、審査ではマイナス評価となるものです。
これを信用情報に傷が付くとも言い、このような状態ですと審査に通ることはかなり難しいです。

 

 

在籍確認は風俗店の源氏名でも出来る?

 

風俗嬢が審査を受ける際に注意すべき点が在籍確認です。
在籍確認は電話で行ないますが、基本は本名で申込者の在籍の確認をします。
お店には源氏名で通していれば当然電話に出た従業員は誰の事を言っているのか分からず、在籍確認が取れません。
在籍確認が取れない場合、日を改めて連絡する若しくは否決となります。
お店には本名を教えてくないという方が殆どでしょうから、この場合は源氏名で在籍確認してくれるか相談してみると良いでしょう。
モビットのような大手消費者金融なら柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

 

 

審査のときに虚偽の申告は絶対にNG

 

風俗嬢に限ったことではないのですが、虚偽の内容で申し込みをされる方がいます。
審査で少しでも有利になるようにと、年収を水増ししたり年齢を偽ったりといったように事実と異なる内容の申し込みしてしまうのです。
ですが審査ではほぼ間違いなくバレます。
そして虚偽の内容と判明した場合は否決となります。
仮に間違って記入した場合でもアウトですから、焦って申込みしないように注意が必要です。

 

中には架空の給与明細を作成したり、架空の会社を偽って電話応対を請け負うアリバイ偽装会社を利用して申込みする方もいます。
このような行為は犯罪ですので絶対に手を出さないでください。
モビットなどの貸金業者もアリバイ偽装会社の存在は知っていますので、直ぐにバレます。
このような会社を利用しなくても借りれる可能性は充分にありますので利用しないことです。