主婦でもキャッシング可能な金融業者はあるかまとめてみました。

MENU

主婦でもキャッシングできる金融業者はある?

 

総量規制の導入により消費者金融からの借入は年収の3分の1以下となりました。
年収が300万円の方であれば100万円まで、150万円の人であれば50万円が上限となります。
このように本人の年収に対して貸付限度額が決められます。

 

では主婦はどうなのでしょうか?
主婦といっても家業に専念する専業主婦とパート勤務で働くパート主婦に大別されます。
一見どちらも審査には不利に思えますがどちらもお金を借りる事が可能なのでしょうか?

 

 

専業主婦はキャッシングでお金を借りれない?

 

カードローンやキャッシングの融資条件には必ず「本人に安定収入があること」と記載されています。
専業主婦の場合、働いていないわけですから当然本人に安定収入があるといえません。
ですから原則として専業主婦がカードローンやキャッシングで借りたいと思っても借りることは出来ません。
しかし専業主婦の場合例外措置が用意されており、条件を満たしていると借りれるケースがあるのです。

 

配偶者に安定収入があればキャッシングできる可能性も

 

専業主婦でも配偶者つまり旦那に安定的な収入がある場合は、銀行や消費者金融でお金を借りることが可能となります。
方法としては配偶者と年収を合算して借入する配偶者貸付け、もしくは銀行カードローンです。
いずれも配偶者に安定収入があることを前提としています。

 

配偶者貸し付けの場合、本人ではなく配偶者の名義で借りることになります。
必要な書類が通常のカードローンとは異なりますので注意してください。
基本的には婚姻関係証明書、配偶者の同意書・収入証明書、身分証明書等が必要になります。
用意する書類が多いのでやや手間に感じることかと思います。
配偶者名義で借りるわけですから内緒でという訳にはいきませんので、よく話し合った上で申し込みしましょう。
ただしこの配偶者貸付制度は手間がかかる割に、業者にとってはあまり収益が見込める融資ではありません。
その為、配偶者貸付制度を扱っている業者は非常に少ないです。
大手消費者金融ですと扱っているところはまずありません。
知名度の低い中小サラ金の一部でのみ扱っていますので、やや不安に感じる部分はあります。

 

銀行カードローンでも専業主婦は借りることが可能です。
銀行の場合は配偶者貸付とは異なり、通常のカードローンと同様の手続で融資可能です。
こちらも配偶者に安定収入があることが条件となります。
銀行の場合、配偶者がパート・アルバイトなど正規雇用でないと審査に通りませんので注意してください。
収入証明書や同意書、婚姻関係証明書は必要ありませんが、旦那の職場に在籍確認の電話がいきますのでやはり内緒で借りることが難しいでしょう。

 

 

パート主婦なら消費者金融も銀行もキャッシングOK

 

パート主婦の場合は専業主婦とは違って、消費者金融でも銀行でも一般の方同様の手続で借入が可能です。
もちろん本人名義で借りれます。
申込みする前に確認しておきたいのが収入の安定性と勤続年数、それと事故情報の有無です。

 

毎月滞り無く収入を得ており、月によって大きな差がないことが必要となります。
パートですと収入額はそこまで大きくないと思いますが、審査では収入額よりも安定性が重要視されますのであまり気にする必要はありません。
勤続年数は長いほうが仕事も収入も安定していると判断され審査で有利となります。
目安は1年以上ですが、場合に寄っては半年でも審査に通ることもあります。

 

最後に事故情報ですが、これはローンやクレカの返済を滞納すると記録される情報のことです。
ローンやクレカの利用履歴は信用情報機関にて管理保持されており、貸金業者やカード会社は利用者の利用履歴を逐一報告しています。
返済を1ヶ月以上滞納していると事故情報として記録されてしまい審査に通るのが難しくなりますので注意してください。

 

 

旦那に内緒でお金を借りることは出来る?

 

専業主婦の場合、配偶者の同意書や収入証明書が必要となるため内緒で借りることは出来ません。
しかしパート主婦の場合、これらの書類は必要ありませんので旦那に内緒で借りることが可能です。
銀行カードローンですと自宅に郵送物が届いてしまいますので、内緒で借りたいのであれば大手消費者金融が良いです。
自動契約機で手続きでき、必要な書類とローンカードがその場で発行されますので自宅に郵送物が届くことはありません。