カードローンの借り換えをする時の注意は?

MENU

カードローンの借り換えをする時に注意すべきこととは?

 

今ある借金の返済負担が大きく毎月の支払いが苦しいという方は多いのではないでしょうか?
1社から少額の借入れであれば、それほど大変でないかもしれません。

 

問題なのは複数の金融機関から借金をしている場合です。
それぞれの借入額がそこまで大きくなくても、毎月個別に返済をしていくわけですから1月に返す額はかなりのものとなることでしょう。
また利息もそれぞれ払うわけですから、家計を圧迫してしまうのは容易に想像できるのではないでしょうか?

 

このような複数の債務を抱えることを多重債務と言い、非常に危険なです。
複数から借り入れする理由は様々ですが、最も多い理由は借金を返すために新たに借金をするというもの。
この状態になってしまうと借金生活から抜け出すことは容易ではありません。
借金返済するためにした借金が返せないから更に別の業者から借金をする、という無限ループに陥りやすくなります。

 

他社借入から自力で抜け出すのは、かなり難しいです。
複数の借金を抱えており返済が苦しいという方は、借り換えを検討してみると良いでしょう。

 

借り換えはおまとめローンと呼ばれることもあり、複数の債務を1つにまとめ利息と返済負担を軽減するものです。
具体的に言いますと、A・B・C社からの借金を、借り換えローンを扱うD社からA・B・C社の合計額分のお金を借り、それぞれ返済に充てて完済状態にしてしまおうというものです。
そして返済をD社だけににしてしまおうというのが借換ローンです。

 

複数債務を一本化することで負担を軽減できる上に返済も毎月1回となりますのでっ管理もしやすくなるのが借り替えローンの魅力です。
多重債務を抜け出したいという方は、一度検討してみると良いでしょう。
但し借換ローンはどの金融機関で行っても同じではありませんので、いい加減に業者を決めてはいけません。
下手すれば借り換え前よりも返済負担が大きくなった、総支払額が増えてしまったという悲惨な結果を招くケースもあります。
ではカードローンの借り換えをする場合、一体どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

 

借り換えする際に必ずチェックしたいのが何と言っても金利です。
既存の借金の金利よりも高いところで借り換えしてしまっては意味がありません。
借り換えする場合は今の金利よりも低いところを選ぶことが大切です。

 

借り換えしたいローンの金利は概ね18%が殆どかと思います。
銀行カードローンであれば仮に最高金利で借り換えしたとしても、3%程度の金利差が生じますので借り換えを検討してみても良いでしょう。
注意したいのが銀行系消費者金融です。
銀行系は銀行ではなく消費者金融に近い形態ですから、金利も消費者金融並みに高いです。
銀行系の最高金利で借り換えた場合ですと金利差は殆どありません。
但し債務件数が1本化されますので、それだけでも毎月の返済額は減額できるかと思います。
ただ出来るだけ減額幅を大きくすることをお望みであれば、銀行系ではなく銀行カードローンで借り換えを考えたほうが良いです。

 

但し単純に金利が安いからという理由だけで借り換え先を決めてはいけません。
というのも金融機関によっては返済期間を長期的に設定するところもあるからです。
低金利で借り換えてなおかつ返済期間が長く設定されれば、確かに月々の返済額は減るでしょう。
しかし返済期間が長いということはその分、利息も長く支払い続けなければいけなくなります。
その結果、総支払額で見ると損しているということにもなりかねないのです。
金利だけでなく返済期間にも十分に注意して業者選びは行ないましょう。

 

 

借換ローンを組む場合も、通常の借入れ同様に審査を受けなければいけません。
ローンの審査は限度額が大きくなるほど基準が厳しくなるということをご存知でしょうか?
申込者の返済能力に見合った限度額であるかどうかを判断しなければいけませんから、高額になるほど寄り慎重に審査は行われます。
万が一返済できなかった場合業者側は大きな損失を被りますから当然といえば当然のことですよね。

 

そして借り換えの場合は必然的に借り入れする額が大きくなりますから、当然審査は通常よりも厳し目になります。
しかも新規で申込みするわけですから信用も何もない状態です。
信用できるかどうか分からない相手にいきなり何百万円も貸すほど、銀行や貸金業者はお人好しではありません。
借換ローンの審査は通常のローンよりも遥かに厳しいものだということを忘れないで下さいね。

 

また借換ローンに申込みする際に注意したいのが、既存のローンの滞納です。
収入が十分にあっても借り換えするローンの返済に問題があると審査に通ることは難しいです。
もし滞納している場合、その時点では借り換えに申し込みせず当分の間、期日をまもって返済を行い実績を付けてから申し込んだほうが良いかもしれません。