消費者金融で在籍確認の時、電話なしでも大丈夫?

MENU

消費者金融で在籍確認の時、電話なしのところはある?

 

消費者金融でお金を借りる際、殆どの人は内緒で利用したいと思うでしょう。
自分からわざわざ借金していることをカミング・アウトする人なんてそうはいないでしょう。
家族はもちろんですが、職場の人にも借金していることは知られたくないものです。

 

「会社なら自分から言わないかぎりバレないでしょ」なんてところですが、キャッシングの審査では在籍確認が行なわれます。
これは申込者が申告した通りの会社に勤務しているかを確認するためのものです。
そしてその方法は基本的に電話連絡となるのです。
消費者金融からの電話と分かればほぼ間違いなく借金していることがバレてしまいます。
その為、審査なしで借りれる消費者金融を探す方が多いのです。
確かに電話連絡は避けたいところですが、果たして審査なしで融資してくれる消費者金融はあるのでしょうか?
今回は在籍確認について解説していきたいと思います。

 

 

在籍確認はどの消費者金融でも必須

 

上述したように在籍確認はどの業者も必ず行なわれます。
そしてその方法は基本的に電話連絡となります。

 

在籍確認を行なう理由は返済能力を確かめるためにあります。
貸したお金をきちんと返してもらうには、その人が働いて収入がないといけません。
申し込み時には収入額や勤務先の会社名を必ず申告することになっていますが、本当にその通りなのかは確かめないと分かりません。
中には無職なのに働いているように見せかけたり、偽装会社を利用して申込みする方もいます。
確認しないで審査を通してしまうと貸金業者は非常に大きなリスクとなってしまいます。
それを避けるためにも確認電話を行なっているのです。

 

ですから在籍確認なしで融資してくれる業者は先ずないと思ってよいです。
確認をしないで融資するのはリスクが大きいですからしかたのないことです。
そうはいっても仕事場に電話されるのは不安という方が殆どでしょう。
では実際の電話の内容はどうようなものなのでしょうか?

 

 

在籍確認の電話で借金がバレる可能性は低い

 

まず消費者金融の場合、電話で会社名を名乗ることはありません。
消費者金融から電話=借金のイメージを誰もが抱くため、業者側も配慮して会社名は伏せて電話します。
どの業者も電話は担当者の個人名を名乗ります。
この在籍確認の電話は本人が出る必要はありません。
職場の人に出られると困る人もいるかもしれませんが、電話でカードローンのことに関して触れるような会話は一切ありません。
実際には以下の様なやり取りとなります。

 

ローン担当者「もしもし、私伊藤と申しますが高橋様はいらっしゃいますか」
職場の人「高橋は只今席を外しています」
ローン担当者「そうですか、ではまた後で連絡します」

 

在籍確認はこれで基本的に終了となります。
電話の内容を見ていただければお分かりのように、申込者がその会社に勤務していることが確認できますよね。
因みに電話対応した人によっては不審に思い問い詰めることもあるかと思います。
ですがそのような場合でもローン担当者はローンのことを教えるようなことは一切ありません。
これは法律でもきちんと決められていることですので安心してください。
本人が電話に出た場合も簡単な会話で終りとなります。
その場でローンの説明をすると言うことはありません。

 

以上のように在籍確認の電話にて職場の人に借金していることがバレル可能性はかなり低いです。
よほど勘の良い方や、キャッシング経験者でないかぎりはばれないと思ってよいでしょう。
しかしそれでも電話連絡は避けたいという方は多いです。
例えば勤めている会社では自分宛に電話がかかってくることが先ずない、このような方ですと確かに電話連絡は不安になるでしょう。
実は業者によっては電話連絡以外の方法で在籍確認してくれる事があります。

 

 

在籍を証明できる書類があれば電話連絡なしも可能!?

 

在籍確認を省略することは出来ませんが、電話以外の方法で在籍確認してくれる業者はあります。
大手消費者金融なら、その会社に在籍していることを証明できる書類の提出で対応してくれるのです。
例えば社員証や会社発行の保険証、給与明細、在籍証明書等です。

 

これらの書類を提出できれば職場に電話連絡がいくことはありません。
どうしても電話連絡が嫌な方は書類で在籍確認してもらうと良いでしょう。