銀行系カードローンに申し込んだ時の審査は厳しい?

MENU

銀行系カードローンに申し込んだ時の審査は通るのが難しい?

 

金利・限度額・利便性と消費者金融を上回るスペックを誇る銀行系カードローン。
安心感もあり、お金を借りるなら銀行系カードローンが良いと誰もが思うところではないでしょうか?

 

しかし銀行系カードローンを利用するにあたって不安な点があるのも間違いありません。
それは審査基準です。
ご存じの方も多いように、銀行の審査は中小サラ金や消費者金融よりも厳しいと言われています。
実際に申込んでみたけど審査に落ちてしまった、と悔しい思いをした方は沢山いらっしゃいます。
では何故、銀行系カードローンの審査は厳しいのでしょうか?

 

銀行系カードローンと消費者金融の決定的な違いは、保証会社の有無にあります。
実は銀行系カードローンの場合、必ず保証会社が付いています。
万が一消費者が債務を履行しない場合、銀行に対し借入残元金と利息を一括で債務者に代って返済するのが保証会社です。

 

そして保証会社は債務者に代わって返済するだけでなく審査も行ないます。
いい加減な審査をして債務が履行されなければ自分たちが被害を被るわけですから、当然審査は厳しい目で見られます。
実は保証会社を務めるのは、消費者金融もしくは信販会社のどちらかである事が殆どです。

 

「え?じゃあそんなに審査は厳しくないんじゃない?むしろ通りやすいのでは?」
この様に思う方が殆どではないでしょうか?
確かに保証会社の審査だけで見れば、消費者金融の通常の審査と変わりないように思えます。
しかし銀行の場合、保証会社が仮審査を行ない銀行が本審査をするという2段階の審査が行われるのです。
つまり2つの審査で合格点を取らないといけないわけです。

 

このように銀行カードローンの場合、消費者金融とは決定的に違う審査をしているのが、審査が厳しいと言われる要因です。
では銀行系カードローンに申し込むのは止めたほうが良いのかと言うと、そうではありません。
確かに審査が厳しいことは間違いありませんが、誰も利用できない滅茶苦茶厳しいというものでもありません。
審査が甘い銀行はまずありませんが、ある程度のポイントを押さえていれば審査通過もそう難しいものではないのです。

 

銀行系カードローンの審査に通るのポイントは、実は消費者金融のそれと大きな違いはないのです。
まず収入に安定性があるかどうかです。
これはどの金融機関でも共通して言われていることですね。
収入の安定性と聞いて収入の金額ばかりに気を取られてしまう方が多いです。
確かに収入金額が多いほうが審査は多少有利になるかもしれません。
しかしそれだけで融資判断が決まるのであれば、正社員でない方は借りれる可能性がグンと低くなってしまいます。
そうではなく、毎月、毎年の収入が大きく上下していないことです。
決して収入の額は多くなくても、一定的であれば計画的に返済でき遅滞の可能性が低くなります。
銀行や貸金業者は、期日通りに返済してくれる利用者を求めていますので、集乳の安定性は非常に重要視されます。

 

そしてもう1つ、収入の安定性に関係してくるのが勤続年数です。
1つの職場に長く勤務していればしているほど収入が安定していると見なされます。
長く勤務していればそれだけ辞める可能性が低く、先の収入もあるていど保障されていると判断できます。
そうなれば滞り無く返済してもらえると判断できますので、審査も有利になります。
勤続年数は最低でも1年以上無いと厳しいです。
コレに見たない方は申込んでも審査に通る可能性は低いと思った方が良いでしょう。

 

そして最後に信用情報です。
過去のローンやクレカを利用履歴を信用情報と言います。
もちろん今現在利用されている場合は、それらの利用履歴も対象となります。
信用情報で重要となるのは返済履歴です。
申込者はこれまで返済を滞り無く期日通りに出来ているかをチェックします。
もちろん他の情報にも目を通しますが、一番重要となるのが返済履歴です。
延滞をしていると事故情報として記録されます。
そして審査において、この事故情報はマイナス評価となるものです。
事故情報が付いている場合は、ほぼ間違いなく審査に通ることはありません。
それぐらい審査に大きく影響するものです。

 

以上の3つが、銀行系カードローンの審査で重要視される部分です。
もちろん上記以外にも審査ではチェックされますが、特に抑えておきたいのが収入・勤続年数・信用情報です。
この部分だけでもクリアしていれば借りれる可能性はグッと高まります。
融資審査のゆるい銀行はありませんが、抑えるべきとこを抑えていれば正社員でなくても可能性は十分にあります。

 

因みに銀行カードローンは審査に時間がかかることが多いです。
審査が2段階に分かれているため構造的にどうしても時間を要します。
急ぎでお金が必要な場合は消費者金融に申し込むほうが適しているといえるでしょう。
今すぐお金が必要ではないけど、万が一に備えておきたい、まとまった資金を低金利で借りたいという方は銀行カードローンを検討してみるのが良いでしょう。