キャッシングの限度額って初めから決まってる?

MENU

キャッシングの限度額って決まってる?

 

キャッシングに申込みする際、実際にいくら借りることが出来るのでしょうか?
出来ることなら自分の希望する金額を借りたいところですが、実際はそうも行かないものです。

 

初回限度額は審査にて申し込み者の返済能力に見合った額が設定されます。
ですから人によって初回限度額は異なります。
年収が同じ300万円同士の人が同じ金融機関に申込んでも片方は50万円、もう片方は10万円と大きく異なることも決して珍しくありません。

 

特に初回契約時は申し込み者が本当に信用できる人間なのかどうかは分かりません。
審査と言っても結局は数字上のデータを元に判断しているわけですから、その内容が良好だから必ず信頼できるとは言い切れません。
毎回期日を過ぎてから返済する人や催促されてから返済する人、中には全く返済しないで自己破産してしまうなど始めから返すつもりなんてない人だっているのです。
このように審査だけでは分からない部分もあるため、金融機関はリスクを出来るだけ最小限にするため初回限度額を少額で設定するところが多いのです。

 

初回限度額は金融機関によって異なりますが、大体は10万円〜20万円で設定するところが多いです。
カードローンの説明欄には10万円〜500万円といったように表記されていることが多いですが、いきなり上限金額を借りれることはまずありません。
表示されている金額内なら自分の希望する額を借りれると思っている方は意外と多いようです。
その為、実際に設定された限度額を知った途端にショックを受ける方も少なくないようです。
上述したように初回は大体10万円〜20万円と思ってよいでしょう。
信用がない状態からスタートするわけですから、このあたりの額が妥当だと思って良いかと思います。

 

消費者金融は総量規制の対象となりますので、個人が借り入れできる金額は年収の3分の1までとなります。
そもそも利用限度額が500万円までと表記されていても、申し込み者個人の年収がその額に見合わなければ満額借りれることは絶対にありません。
もし500万円を消費者金融から借りるとなれば年収1500万円以上無いといけませんので、かなりハードルは高いといえます。
また仮に年収1500万円あったとしても初回で満額貸し付けてくれる金融機関はありません。
繰り返しになりますが初回は信用がない状態です。
信用できるかわからない人にいきない高額な貸し付けをしてくれる金融機関があるとは思わないことです。

 

但し初回の融資限度額が低くても、その後の利用状況に応じて限度額を増額させることが可能です。
金融機関では半年に1度ぐらいのペースで利用者の利用限度額の見直しを行なっています。
利用状況が良好と判断されれば増額の案内が来ますので、そこで再審査に申し込み無事審査通過すれば限度額を上げてもらうことが出来るのです。
増額は基本的に10万円単位ですから、初回限度額が10万円であれば増額後の利用限度額は20万円、多くても30万円程度が妥当でしょう。
限度額が一気に上がることはありません。

 

また限度額は雇用形態によって多少左右する可能性はあります。
正社員でない方ですと初回に関係なく限度額は低めのままの可能性が高いようです。
これは収入の安定性という観点から、正社員に比べ非正社員の収入は少なめである事が多いですから仕方のないことなのかもしれません。

 

中小サラ金ですと、そもそもの限度額が少ないケースが殆どです。
限度額は多くても100万円まで等、大手に比べ資本力がないため借り入れできる限度額がかなり少なめです。
もちろん利用状況によって増額も可能かもしれませんが、今後高額の借入れを希望する場合は始めから大手消費者金融に絞って申し込みしたほうが良いでしょう。

 

キャッシングは消費者金融だけでなく銀行でも出来ます。
一般的に銀行系カードローンの方が利用限度額は多めに設定されています。
上限金額が1000万円を超えるところも多いです。
また銀行は総量規制の対象外ですから、年収の3分の1を超えてお金を借りることも可能です。
これだけを聞くと銀行なら初回限度額は多めに設定してもらえるのでは?と思いう方が多いことでしょう。
しかし銀行系であっても初回限度額は基本少なめです。
むしろ銀行のほうが消費者金融よりも審査が厳しいですから、初回限度額もかなりシビアに設定されることが予想されます。

 

銀行系カードローンは学生や主婦でも申込可としているところが多いです。
ですが利用限度額は一般の方とは異なるケースが多いです。
説明欄に別途で「学生・主婦は30万円まで」等と記載されている事が多いです。
学生や主婦の方は、銀行系カードローンを利用する際は、この点をしっかり確認した上で申し込みしましょう。

 

いずれにしてもキャッシングの初回限度額は、基本的にどこも少なめと言う事を覚えておきましょう。
限度額を上げるには、徐々に実績を積んでいき増額していくしか方法はありません。
いきなり高望みはしないことですね。